しかし考えてみると、ブログとかはだいたいこれくらいの感じがいいのかもしれない。「どうやら自分の知っているだれかは読んでくれているらしいが、別に読まなくなったからといってとやかくいう義理はない」「自分の知らないだれかが読んでくれるかもしれないが、実際にはだれも読んでない」くらいの感じ。内容に若干の配慮が必要な点だけは気に入らないけれど、それはまあ人目につく(可能性がある)ところで書いている以上しょうがないことであって。まあなんだ、そんな感じです。