「スイようび」2巻まで。作者思った以上に本気だったが、残念ながらあまりおもしろくない。この手の話って作者を野放しにして描かせるとあまりよくなさそうだ。ところでスイさん何歳なんですか。どうせ部族では13歳になったら結婚できるから日本に来ちゃったけど、日本じゃ16歳以上じゃなきゃ結婚できないからセックスはそのときまでおあずけだよとかそんな裏設定あるんでしょ。これで主人公が大学の教員かなんかで文化人類学の調査で出向いた先で運命の出会いしたとかいう設定だったらちょっと怒る。
 あと比較対照のためと称して「銀のニーナ」1巻も買ったが、こっちは作者が完全に病人だった。ちなみにこの手のロリ系の作品で作者が病人かどうか見分けるコツだが、その作品でいちばん魅力的なキャラが幼女ならまずまちがいなく病人です。うまく回避してるように見える作品もあるでしょうが、ロリコンの人は原則として20歳以上の女性は「なんか別のいきもの」として認識している可能性が極めて高いです。
 もし「銀のニーナ」の作者が病人じゃないとしたら、実によくできている作品だと思います。まあなあ、なんかニーナが欲望の対象になってる感じはあんまりないんだよなあ。