どうも仕事やる気がせんので気分転換に文章でも書くことにします。
 先日、死ぬほどストレスたまる所用で出かけて、その所用が終わり息も絶えだえとなりましてこれはもうこの世の終わりだと、なにか自分にご褒美でもなければ生きていけないということで、iPodにシリコンオーディオプレーヤーを変更して以来ずっと不満であったイヤホンを買い換えることにしました。
 なにしろ高音がよく聞こえない。寄る年波のせいだといえばそれまでなのかもしれませんが、これはちょっとひどい。イコライザがついてれば多少はどうにかなったものを、と思いつつも「いや、これはイヤホンを変えればどうにかなる」と強く思いました。いま俺が使っているやつはDENON製の5000円くらいのやつですが、以前はここまでひどくはなかった。やはり肉体のせいであるのか。
 そんなことを考えつつ家電量販店に行きました。きょうびの家電量販店は試聴用のイヤホンをたくさん用意してくれていてとてもありがたいことです。
 インナーイヤータイプのイヤホンですけども、有名どころというと、やはりゼンハイザーですとかフィリップスですとか、そういう海外製がわりとコストパフォーマンスいいと聞く。それで聞いてみたのですけども、フィリップスのはまあまあでしたが、結局のところソニーがいいという結論になった。なんつーか、1万円以下のあたりでのソニー商品の「それっぽさ」って大したもんだと以前から思っております。
 しかし試聴を繰り返しているうちにどうもこれメーカーとか価格の問題じゃない気がしてきた。じゃあなんだと。そしたらどうもイヤーパッドと関係があるらしい。よくよく考えてみれば俺は、付属のイヤーパッドのいちばんでかいやつでもまだスカスカ感を覚えるという耳の穴の非常に大きい人間です。なにかいいことあるかというと、別にありません。
 で、ためしに、試聴用のイヤホンからこっそりと大きめのイヤーパッド部分だけお借りして、自分の持ってるイヤホンで試聴してみたら、自分のやつがいちばんバランスのとれたいい音だという結論になり、交換用のイヤーパッドだけ3種類くらい買って帰ってきました。とにかくでかいの、でかいやつだと思って選んだ3種類をそれぞれ装着して使用したところ、音が生まれ変わりました……。
 どうも俺が「最近音が悪いな」と思ってたのは、実はイヤーパッドの劣化が原因だったようです。ただそれでも、たとえばドラムのシンバルみたいな音、ハイハットっていうんですかね、ああいう音はよく聞こえないなあと思ってやはり老化が原因であるかとか思ってたんですが、ソニーの12000円くらいのやつを試聴したら、実にきれいにハイハットの音が聞こえましたので、これは機種による問題であるようです。
 もっとも装着感が飛躍的にアップして、音質的にも向上が見られたんですけども、それゆえに逆にもともどのイヤホンとしての素養みたいなものの限界が見えてしまったのはちょっと残念です。こうなると高いの欲しくなってくるんですよね……。
 自分へのご褒美感の本質は「むだに金つかう」というところにあるので、その欲求が充たされていないのです。
 でも別に欲しいものないんですよね……イヤホンの件はひとまず落ち着いちゃったし、俺もともとそんなに高音質とか追求する人間でもないし。

 ぜんぜん関係ないことながら、この買物の過程で思ったのは、たとえば30年前なんかと比較した場合に一定の「よい音質」を得るためにかかるコストって飛躍的に安くなってんなあというようなことです。昔はカセットデッキで録音するにも、やれアジマス角がどうこうだとか、レベル調整が云々、もちろんテープの選択は重要であったりしたし、CD時代になっても日常の移動で聞くメディアはカセットテープである時代が長かったです。MDの時代になってヒスノイズみたいなのとはあまり無縁になったわけですが、さすがにあれは音がチープすぎました。
 んでいまやダウンロードで音楽を買う時代になって、そこそこの音質をほんとに手軽に得られるようになった。まあそれでもたまにCDで音楽聞いたりすると、なんだかガラスの曇りがとれたような鮮明さでやっぱりびっくりしたりもするんですけどね。でもまあ、モノがたまらないっていうこのデータってものの便利さを知ってしまったら、もうCDに戻ることはないだろうなあとも思いました。